HOME>注目記事>大阪で分譲住宅を買うなら注意点に着目するべし

大阪で分譲住宅を買うなら注意点に着目するべし

分譲住宅を購入する際の注意点

大阪で分譲住宅に住みたいのであれば、購入する前に注意点を把握しておくといいでしょう。分譲住宅は既に建築済みの物件なので、デザインや使い勝手があなたの望み通りになるとは限りません。あまりこだわらない方には向いていると言えるでしょう。また、工事中に監視することができないので、手抜き工事をされている恐れもあります。他にも、最初は低価格で表示されていますが、思わぬオプションなどが加算されてしまい、見積もりよりも高額になってしまう可能性も否定できません。そして、分譲住宅の多くが家族連れの場合が多いので、子供の声がうるさかったり、ボールが庭に飛んでくるなどのトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。このようなことも十分に起こりえるので、よく検討してから購入するべきです。また、予想外のトラブルにきちんと対応してくれる業者から購入すると平穏な暮らしを守れますよ。

10年間の保証サービスの有無

新築物件は分譲住宅も含めて法律で最低10年間は保証付きでなければならないと定められています。その理由として、大阪でも稀に見る災害に襲われているので、万が一の時に保証がでるか否かは大切なことなのです。そして、こういった保証で業者に請求することができる内容は大きく分けて3つあります。まず1つ目は分譲住宅の修補が可能です。これなら分譲住宅に住んでから間もなくして壁などにヒビが入っても保証があるので安心ですよね。そして、2つ目が損害賠償となっています。住居人に害が及ぶ場合はこの保証が適用されるようになっています。最後の3つ目が媒介契約の解除となっています。分譲住宅の修補が不可能な場合はこの方法が適用されているのです。このことを知らずに大阪で分譲住宅を買うと痛い目にあうことになるので、保証の有無を自分でリサーチしてから購入するべきです。

広告募集中